中学受験生の教え方

中学受験を考えているほとんどの小学生は、塾に通われているでしょう。
塾講師から見れば、すべての子供達を中学受験に合格させたい願望があります。
ですが生徒によって得意科目や成績も違いますので、その子に応じた教え方や能力に対応しながら指導法を考える事が必須です。

確かに子供の能力により、受験する学校も異なるわけですが、緊張度やプレッシャー等により当確の生徒でも失敗する可能性がつきものです。
中学受験前には心理的な面も含めその子に応じた指導法に変えるわけですが、緊張感を感じない生徒には堂々と対応させる、又極度のプレッシャーに弱い子には緊張感に耐える指導をしていく事も大切な事です。

しかし、教える相手は大人ではなく小学生です。
わかりやすく教える、しかも自分で理解する力を身につける指導も塾講師には必要でしょう。
中学受験を控える生徒だけではなく、生徒の今後の応用力の発展にも必要な事です。
どの教科でも効率の悪い学習は避け、勉強に興味を持たせる指導が肝心な教え方でもあります。
効率の良い学習が出来れば、短時間でマスターする力も身につきます。
生徒の力を上げるには、教える指導能力を上げる事も塾講師としては課題と言えるでしょう。