高校生の教え方

高校生の多くは大学受験を受けるため、塾に通います。

ですので高校生の指導は塾講師側の経験者が多いため大学受験がどんなものかについて予想がつきやすいです。
また、中学生と比べて生徒側の内面が成長している場合も多いため、指導しやすいとも言えます。

しかし、大学受験はのちのちの人生の選択に影響するため、塾講師は生半可な気持ちで指導してはいけません。
生徒がどの分野に興味・適性があるかを引き出す教え方をする必要があります。

1・2年生のうちは、中学校でつまづいた範囲を復習したり、学校での日々の学習を補完するのに加えて、受験を見据えて応用問題を与えることも必要となってきます。
3年生になると本人も自覚が出てきて自主的に勉強に取り組むようになりますが、その場合も自宅や塾の自習室などで効率的に学習を進めるためのヒントを与える必要があります。
センター試験や志望校の過去問を解かせて、解答のヒントを与えることも塾講師の仕事です。

塾講師の教え方は個性的である必要はありませんが、長丁場の勉強に飽きがちな生徒のモチベーションを保つための努力は必要です。
色々と配慮が必要ですが、生徒が志望校に合格した時に講師は大きなやりがいを感じることができます。